集客に必要な看板の作成

admin post on 9月 29th, 2015

なにか商売をしている場合はその場所に店があると言う事を知ってもらわなくてはなりません。知ってもらうための方法の1つに看板を設置する方法があります。設置する事によって集客に大きな変化が見えて来る場合もあります。またほとんどの店が設置している事が多いのもこのような事が理由になります。少しでもたくさんの人に自分の店を知ってもらいたいと言う場合は設置する事を前向きに検討するようにしましょう。看板の種類は多くありますが、なんでも良いと言う訳ではありません。自分の店に合っている雰囲気の物を設置する事ができなければ大きな宣伝の効果が生まれる事は少ないです。自分の店の雰囲気を考えた時にどのような看板にすれば良いのかなどは自然にわかってくるでしょう。目立たせる事も大事ですが、まずは雰囲気を中心として考えると良いです。

自分達の顔の役目を果たす看板に表示する端的な表現

サイズや形状はさまざまですが、木やプラスチック、あるいは金属板等を材質にして企業や商店等が宣伝、広告用の表示を記載したもの、あるいは、行き先表示や道路標識あるいは工事用標識のように歩行者や車両に乗っている人に通行上の必要情報を伝える標識等を看板と言いますが、いずれも長い年数の間、同じ場所に設置されるものですから、耐久性があり、腐食しないで低コストなアルミ板が良く使われています。看板を設置する場合、そこを通る人に見やすくて、分かりやすい表現が必要ですから看板表示内容はそれなりに工夫が必要なようです。中でも、企業や商店にとっては自分達の顔の役目を果たすわけですから、取扱商品やサービスの中で特にお客や通行人に伝えたい内容を端的に表す工夫をしています。しかしながら、表示する場所、サイズ、方法等によっては法令や条例に従って景観や風致あるいは公衆への危害防止等の規制を受けるケースがあるので、設置の承認を受けるには行政への届け出指導を受ける必要があります。このように、法令や条例の規制対象となるものは屋外広告物と呼ばれます。

看板を作るときの注意点

お店の宣伝や集客のためにつくる看板を作るときの注意点として、どのようなことがあるのかをお伝えしておきます。まず、誰がみても分かるようにすることです。なかなか何屋さんか分からないものになると、お客さん自体も戸惑い、入ることを悩んでしまいます。それからつぎは、オリジナルのものを作るようにお勧めしておきます。お客さんが見て印象に残るものであるとか、わかりやすいということ、それから紛らわしくないようなものにすることがお勧めです。また、他のお店との違いも出すとより印象的なものに仕上がり良いのではないでしょうか。お客さんは数多くある中から選ぶのですから、次に来られるときもわかりやすく、それでいて印象に残る、またオリジナルのものにすることがポイントになります。このようなことに気をつけて作られることをお伝えしておきます。